FC2ブログ

減薬

お疲れ様(^8^)ありゃまです。統合失調症についての詳しい記事は、第1回目(2016/12/26)の記事統合失調症てなんすかを見てみてください^^♪

ありゃまの略歴については、コチラを見てみてください^^♪

過去の記事は、左の全記事表示リンクから、ご覧くださいませ(^^)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

にほんブログ村
(↑ランキング参加中につき、統合失調症ボタンクリックで投票されます)

(暖かい①クリックに感謝を込めて今日も書きまする(`8´●)!!!

------------------------------きりとり----------------------------------
統合失調症



お薬はとっても大事。


ただ、お薬そのものに抵抗がある人は、なかなか苦戦するっぽい。



色んな所に書いてあるが、『断薬』 っつーのは、一番リスクが高い。


主治医との相談の下でかなり慎重にやってくのはいいかもしれないけれど、

実際私も、主治医との相談の下で断薬していた期間がありましたが、

なんだか、飲まないのも不安で、結局エビリファイ3mgに落ち着きました。



お薬を自分の判断でやめて再発した方に2回ほど会った事があります。
再発は繰り返せば繰り返すほど、症状がしんどくなってしまうので、
できれば、症状は落ち着かせたいものです(・・)





私の、今の、このエビリファイ3mgってのは、統合失調症の投薬治療の基準で言うと、

かなり少ないらしいです(・・)☆



経緯としては、

陽性症状(妄想・神経過敏など)が、エビリファイと休養のおかげでかなりはやくおさまって

陰性症状(倦怠感、不安)になって。


当時の主治医は かなり人格に問題があったのだが、なんでか投薬だけはかなり私に合ってたみたい。


様子をきいては、ちょっと減らしてみましょうか と。 とんとん拍子で減りました。




『減薬』



できればしたいのでしょうなぁ・・。


私は、減薬する前から、お薬の副作用のように感じられることが なくて。


あったのかもしれないけど、気になるほどのことはなくて^^;



『あー、お薬飲んで落ち着いてるからいいや~(・0・)』と思っていました。


だから、最初から別にお薬が増えようと減ろうとそんな気にしていなくて、

ほんとここまで減ったのは結果論です。



ただ、周囲を見渡すと、

『減薬したい(><)』と頭を抱えている方が多いです。


体への負担や、副作用の問題もきっと絡んでいるのだと思います。



体への負担、心配ですよね。。



ただ、私も時々お薬についてネットで調べるんですが・・・







情報多すぎ^^;





やっぱり症状が千差万別なので、


コレ!効きます! コレ!いい薬です!なんて書き方はできないのですよね。



で、結局あれやこれや、メリットデメリット、副作用とか見てたら、すんげー不安になってくる・・・^^;

そんなんしてたら、効能うんぬんが発揮される前に具合が悪くなります(^^;)

どういうお薬なのか知る事は大事なことなんですけどね^^ そういうのも信頼できる人に相談するのはいいかもです。







まー、私の場合は、    深く調べるの   やめました(・▽・)




『減薬』 を掲げてみるのもいいかもなんですが、



『自分にとって落ち着いたいい状態を保つこと』を 念頭に置くの、おすすめです。


人と比べてみても、あんま意味ないかも。


だってその人の体に流れている血とあたしの体に流れてる血は違うし、

心もそれに同じ。




お薬や、症状とのお付き合いは、果てしなく、時々本当に疲れたり、途方もなく感じる事があります。



でも、健康のためにって言う面で見ると、食事、運動、睡眠、ストレス解消etc... 他にもいろんな見方があるので、


お薬や症状との付き合い方だけに目を向けてヘロヘロになってしまわなくていいのかな?とも思います(・v・)





心とか

生き方とか

人生とか



ほんっと色んなもので構成されますから( ̄▽ ̄)


空の青さとか、 おおきーーーーーーーーーーーーなもので感じる時や、



おならのにおい みたいに ばかくそしょーもないところで『ああ生きてるんだ・・(とほほ)』


と感じる事もあります( ̄▽ ̄;)




なにはともあれ。


あ、いい言葉だな。


なにはともあれです。




少しでも快方に向かいますように。











このブログを応援してくださる素敵な方は

是非↓の統合失調症のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中1日1ポチはまじで嬉しい)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

にほんブログ村
考える事も大事。待つことも大事。 同じ待つでも、 いつか動き出すために待つのなら、
それは、素晴らしい前のめりな臨戦態勢です。

待ってろよ、未来。 それくらいに思ってもいいかもしんない。

(そーゆーあたしは、過去と未来のはざまで必死に今にしがみついてますが。^^;)
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。お金が好きなドクターは、多種、多量の薬を処方する傾向が強いですね。そういった場合は、減薬が難しいですね。良いドクターは、そんな事は、しませんよ。ドクターを選ぶことが肝要かと思います。

こんにちは

私は最初医師が今とは違う医師で、今の医師は2番目の人なんですが...
その最初に出された薬がエビリファイでした(´-`).。oO
当時は(2年前くらい)仕事してたので、飲んだ後のとてつもない眠気を症状だと思って伝え、薬を変えてもらったのです。

今思えばあれは副作用だったんじゃ無いか〜と思うと悔やまれます...医師もそれが症状を落ち着かせてる状態だとは言いませんでした。
私も無知で何が症状で何が副作用なのかわからずにいました。

結局一年後に休職して病院を変え、自宅療養し、途中自己断薬する事件もあり(多分そこでちょっと悪くなったかもしれない)、今に至ります。

薬を飲むのに、統失だという自覚が必要でした、でも真っ只中にいるとそれに気づかないので、私はそれを医師に気づかせて欲しかった....(医師も大変だけど)

何はともあれ今は少しづつ障害をパスしながら過ごしてます。去年よりはマシだと多分思います(-_-)zzz

Re: No title

ピアスさんこんばんは(・v・)

ほほぅなるほど。

そうですね。いいドクターはそんな事しませんよね。

教習所でも、定額じゃなくて、課金するコースの生徒に補習沢山つけて儲ける先生いたなぁ^^;

わたしたちはお金が欲しいだけで生きてるわけではないはずなのにね。

Re: タイトルなし

ハルカさんこんばんは(・v・)

発症後もお仕事をされていたのですね。
大変だったでしょう。

(医師も大変だけど)との()書きに思いやりを感じました。
ハルカさん優しいなぁ。。

まっただ中にいると自覚を持てませんよね(だってそういう病ですもの(><))

『知らない』って怖いですよね。私は統合失調症になるまで『統合失調症』を知らなかったから。。
入院するときに書類を横目で見たときに『統合失調症・・はて?なんやそれ?』ってなって、
そのあたりから、自分で調べたり人に聞くようになって、自覚がじわじわ持てるようになりました。

学校や、ニュースとかでもう少し正しい知識を教えてくれていたら、
もし、『統合失調症』という病がある事を知っていたら・・。
周りに言われた事をもう少し受け入れられたり、『ん?私もしかしてそうじゃね?』とか、
『このまま無理すると、いけないな』とか、気付けたと思うんですよね。

ハルカさん大変な思いを沢山されましたね。
去年よりはマシなのですね。よきよきです。

わずらわしいことや、悔しい思いすることがあります。(私)

優しい、とっても優しいハルカさんの幸せを微力ながらも、今夜も祈ります。
06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

osanpotogo

Author:osanpotogo
@aryamasan twitterもやってます!@aryama WEARでファッションもやってます。
統合失調症 当事者として、日々のあれこれ(^-^)発信します。

今の記事、過去の記事問わず、気軽にコメントいただけると喜びます^^

ランキング参加中です。
応援して下さる優しい方。
↓をぽちっとして頂けると喜びます

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

このブログを応援したい
応援したいとの事!ありがとうございます!!!(;;)      とても励みになります。 当ブログは、ランキングに登録をしており、 下の「統合失調症」ボタンをクリックでランキングへの1票になります。 ↓の(統合失調症)をクリックして頂けると喜びます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村                  twitter:@aryamasan /WEAR:@aryama           日々のあれこれ(^-^)今後も発信します。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR