FC2ブログ

「おすすめ本・ドラマ」

統合失調症についての詳しい記事は、第1回目(2016/12/26)の記事統合失調症てなんすかを見てみてください^^♪

さて、昨日は、仕事納めでした。

帰りにコンビニで缶ビール買って、納会しました。

天国にいる大尊敬の師匠と、ゆっくり飲みました。

安心して、『よくがんばったぁ・・・』って言いながら、泣けてきました。

それでも、いい一年だったな。


さてさて、前回も次回予告しましたが、、、

今回は私がテレビっ子という話(え)


そう、わたくしテレビっ子なんです。

特に好きなのはドラマと音楽番組。あ、映画も結構好き。一人で見に行くよ~。

だいたい、テレビばっか見てると人間が腐るといわれるけど(笑)
まぁ確かに体動かさずになんの努力もしないからね・・^^; 

それでも、ありゃまは、精神衛生上は、テレビで、安定をはかってるから、いいのだ(`8´●)


それに、尊敬とか、感動とかって、プライスレスな最高の宝物で、原動力だから。


日々生きていく中で、モチベーションが大事だと思う。

やる気。元気の持続。

でもぽっきり折れちゃうときあるじゃないか。


そんな時に、誰かを尊敬したり、
何かに感動したら、またがんばろうって思えるでしょ。


それが続いたら、難しいと思ってたことができるようになったり、
思い焦がれた夢に手が届くんじゃないかな。


2014年。 私に 大きな影響を及ぼしたのは、朝ドラ『花子とアン』

田舎生まれの花子が、『学び』に出会っていろんな可能性を切り開くストーリー。


私は、18歳の時に統合失調症になった。

そして、それまで 頑張りすぎくらい頑張っていた勉強ができなくなった。

それと、それま中高で覚えてた事も、分からなくなってしまった。

だから、高校は進学校に行ってたんだけど、そこに通っていたとは思えない頭の悪さなんだな(^^;)

それは、口でいうより結構つらい事実です。その後は、勉強嫌いがはなはだしくなったし・・


このドラマでは、また『学ぶ』事の楽しさを教えてくれた。

学ぶっていうか、特に影響を受けたのは『読書』

私、勉強が嫌いなもんだから、活字離れも進んでたんだけど、

ドラマの中で花子があまりに楽しそうに本を読んでるもんだから、感化されちゃって、、笑

難しい話はいいから、読みたいって思ったもの読んでみることにしました。


そしたら、はまっちゃって(^=^)楽しい!



相変わらず、地理、歴史や、現代社会とか ひどく

 ひどく!!(笑)弱いけど、


それでも読書の楽しさを教えれくれた花子には、感謝しきれない(^-^)


何個か、読んだ本を紹介しようかな。人の人生の話が聞けるような本が好きかな。

今日は7冊紹介する(^-^)

①ビリギャル (学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応へ合格した話)


これはね、内容はタイトルの通りなんだけど、ギャルがただ勉強した話じゃないんだ。葛藤を繰り返しながら、心の成長もしながら、未来に向かっていく話。この前映画も見たんだけど主人公さやかちゃんの優しさに涙がとまらん・・・(;▽;)ありゃまはまると涙腺崩壊する、笑  映画もいいけど、本のほうが筆者とさやかちゃんの真髄に触れられるから、おすすめ。

②夢をかなえるゾウシリーズ


これは、違う話が3シリーズある。ゾウの神様ガネーシャが、夢をかなえるための教えをとくありがたい話。。ではなくて、超くだらないジョークばかりで笑える話。だけどすごくあったかいんだなぁ。読まないとわからないかも。職場の人に紹介したらすごくはまってたな。1巻から読むと、2巻も3巻もくすっと笑える素敵な特典あり。3巻は泣いたなぁ。(泣き虫)

③マンガで分かる統合失調症

これは、このブログを読んでる方には特におすすめ!漫画なんだけど、統合失調症についてものすごく分かりやすく書いてあるとても秀逸な本。ありゃまは、自分の症状を人に伝えるのが苦手だけど、この漫画のおかげでかなり助けられてる。
親友に貸した時に、1冊まるまる熱心に読んでくれた時はうれしかったなぁ、、、な1冊。

④空想教室


この本は、小さな工場でロケットの部品を作った社長さんのお話。日経ウーマンにおすすめって書いてあって最近読んだ本。
小さな勇気ややる気、『できないだろう』っていう思い込みを無視して夢をかなえていく手引き。とてもやる気が出る本。

⑤昨夜のカレー、明日のパン


こちらは、ほっこり系の小説。どことなく人間臭さが出てて、だけどあったか~いストーリーが、心まで温めてくれる1冊。
色々あるけど、楽しい。そんな人生っていいよねって語りかけてくるようなお話です。

⑥星野源 雑談集
これは・・・ある意味問題作。笑 逃げ恥ですっかり人気者になった星野源の文筆家としての才能(?)もうかがえる一冊。
うん、読んだら分かるけど紹介した中で1番くだらないかもしれない。。笑 星野源のルーツや人柄が分かる愉快な本。
『くだらないの中に』って曲も出してるぐらいで、日常を大切にする星野源の観点はとても好き。

⑦相方は、統合失調症
こちらは、NHKのバリバラという番組でよく見る松本ハウスのキックさんが書いた本。バリバラ面白いからおすすめ。たまに統合失調症の話もとりあげられますよ!
キックさんたちがどんな日々を過ごしてきたか、加賀谷さんの統合失調症の経過、復帰までが、書かれています。
じんわりくるドラマチックな実話。でも本人たちは今でも、仕事の先行き、芸人としての未来を模索しているとのこと。
そこがよけいに熱いよね。ありゃまの憧れの二人でもあります。

ざっと、7冊挙げたけど、

まだまだ紹介したい本あるんでまた機会があれば(^-^)ありゃま、漫画も好きなので、よかったら漫画のおすすめも紹介しますよ☆



時に(しょっちゅう)ふてくされても・・(笑)

 感謝しながら、愉快に生きていこう。


道は拓ける。


このブログを応援してくださる素敵な方は是非↓のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村






----------------------------------------------------------------------------------------------

☆今日の ほ そ く☆

ありゃま、社会系の馬鹿をなおしたいです。池上さんの本読んだりしてるけど、、ほかにもおすすめ書籍、勉強方法あったら教えてください。(切実)

日本史の漫画買って読もうとしたら言葉が難しい・・・(;▽;)統帥権って何、人もたくさん出てくるし!!(おバカを露呈中)





スポンサーサイト



「夢物語に息を吹き込む」

統合失調症についての詳しい記事は、第1回目(2016/12/26)の記事統合失調症てなんすかを見てみてください^^♪


今宵もブログの時間がやってまいりました。

ありゃまがなぜありゃまかと申しますと…。

何かとドジをしたときに『ありゃま!』っていう 響きが好きだからです(^-^)

人間だもの、ドジしてなんぼ。失敗してなんぼでございます。


私には、夢があります。

近年ありゃまはこの夢をずっと偉そうに語っているのになかなか手が伸びません。

でも本当にかなえたい夢があるんです。



私は、本が書きたいです。

私は、もっともっと書く人になってもっともっといろんな人に出会いたいです。



だけど、私は、すぐ疲れます。すぐ泣きます。そしてすぐ休みます。。(--;)

 そして愛しい仲間たちに励まされてしばらくするとまた動き出します。


2016年。激動でした。
私は、結婚し、離婚しました。仕事ではハードルの高い目標を言い渡されてパニックになりました。


それで、この大切な夢まで。失いかけてしまったのです。

私。宣言します。



どんな不格好なできでもいい!!!!!!


とりあえず、原稿を完成させます。


そしていろんな人に見てもらおう。

最初から完璧な原稿を書こうとして、ありゃまは何度も何度も書き直して企画だおれしてました。



今度は、、失敗から進もう。


私は1年前にも『夢物語に息を吹き込む』というタイトルのブログを書きました。



この作業はとても大切だという事を改めて声を大にして言いたい。


統合失調症になって、現在まで。


まず統合失調症になって、沢山の事ができなくなりました。


本を読むこと、
スーパーで買い物するときに一人でレジに行くこと、
バスに乗ること、大人数でお話しすることなど。



だけど、今は本が読める、
買い物なんて日常茶飯事、
バスは毎日乗ってる。
大人数は相変わらず苦手だけど、自分の体調に合わせてたまにならそういう場所にもいける。



つまり、できない⇒できる に変えることが沢山できたわけです。


なぜか。



その理由こそ『夢物語に息を吹き込む』作業をあきらめなかったからです。


センター試験をあきらめたとき、入院を決めたとき、最初の就職後3日で辞めたとき、




沢山泣いて、もう底がないじゃないかというところまで落ち込み、呆然としました。


だけど、『なにか方法があるだろう』いや、『あってほしい』っていう願いだったのかな。

こういう時には便利な世の中です。調べたら、いろんな方法、本、支援機関などがヒットします。

落ち込む情報も沢山あったけど、
仲間の助言にも何度も助けられて、今があります。

今度は誰かの検索かなにかにヒットする情報になりたいです。

あきらめたくなる事は、沢山ある。なんだったら、毎日そうかもしれない。



あ、そういえばこの前までやってた逃げ恥はおもしろいドラマだったね。


そう。逃げてもいい。 

なんなら苦しくなったら、楽しいほうへ、夢や目標の形を変えていいんです(^-^)




ただ、小さな小さな希望や、勇気に向かっていけるのなら。。。。



どうか、気軽に、明日を見つけることあきらめないでほしいのだ。
(私も^^;)

あきらめないっていうと、
強い気持ちを持ち続けることと思っちゃいそうなんだけど、
そうではなくて、

弱いところも含めて抱きしめて、
ゆる~く、時にはほそ~くなが~く糸を紡ぐように生きるのも素敵じゃないかなっていう提案です。





たまには、絶望してもいいから、落ち込んでいいから、 


そのあとでまた会おう。


そんなことを、思っています。

寒い寒い冬の夜。

気持ちだけでも。。あたたかくね。


今日はここまで。



このブログを応援してくださる素敵な方は是非↓のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村







「ありゃまの略歴」

こんばんは(^8^)ありゃまです。

統合失調症についての詳しい記事は、第1回目(2016/12/26)の記事統合失調症てなんすかを見てみてください^^♪


略歴をざっと書いてみようかな。



名前:ありゃま
年齢:28(2020.1月時)歳 性別:女 趣味:おさんぽ、おしゃべり、食べること、映画、体動かすことなどなど
受賞歴(笑):←いや、書いてみたかっただけ。 地元で、詩の賞を3回とったことがあるよ^^

(・8・)略歴(・m・)
高校3年生(18歳)の秋:友人との人間関係で悩む。その後、それを払しょくするかのように黙々と受験勉強。
               睡眠不足が続くうち、眠れなくなる。そして徐々に妄想がはじまる。

ただ単に止まっているだけのタクシーを自分のために止まっているタクシーだと思ったり、
好きな人が自分を待っていると思ったり、教室を監視されている・・・

などが具体的な私の妄想の症状(・□・;)今思うと本当恥ずかしい・・。

幸い、保健室の先生やスクールカウンセラー、母親が異変に気付く。

紹介された精神科へ行く。

最初精神科行ったときは、すんなりじゃなくて、
風邪でいく内科と同じだよね~とか言われ、そう思いながら行った。

この時は、自分の異変に自分は気づいておらず、
母のほうが仕事が忙しそうだったので母のために病院に行ってるとさえ思っていた。

だんだん時間が経つと自分の体調がおかしいんだと自覚してくる。

↑の時期の事は むかしのはなし1 ありゃま、統合失調症のはじまり に詳しく書いています!

時期的にセンター試験の時期だった。

大学受験をあきらめることを決めて、
病院の閉館時間を過ぎてもロビーでずっと泣いていた。
一緒に泣いてくれた看護士さん、
遅くまでロビーの明かりを消さないでくれた事務の人の優しさを今でもじんわり抱きしめています(;▽;)

そして、最初は、センター試験あきらめるか、入院するかの2択でしたが。。

結局センターをあきらめた上、入院を決意しました。

↑の時期の事は むかしのはなし2 7年前のセンター試験  に詳しく書いてます!

まさか人生初の入院が精神科になるとは、自分でも思っていませんでした。

精神科では、はじめ私も偏見を持っていたので
『どうして私がこんなところに来てしまったのだろう・・・・・』などと、思って、ここでも号泣。

でも、そこはこんなところって場所ではなかった。
生きづらさを抱えながら優しい気持ちを大事にする仲間が集まる場所でした。

名前も憶えてないけれど、入院初日黙って泣くことしかできない私に、
黙ってティッシュを差し出してくれたり、背中をさすってくれた。
そんな素敵な方々の事も、これまた暖かな思い出として、
いまだに私を支えてくれています。

そんなこんなで
18歳の冬、1か月の入院生活を経て、
(入院生活といっても家と病院を行き来してたので、半々ぐらいでしたね)
退院。

実は、入院前は母との関係はあまり良くなかったのです。
ですが、入院中、母がいなければ何もできなかった事、
母の無償の愛情、心配してくれてるってことがひしひしと伝わって、関係が修復されていきました。
入院して少し距離を置いてゆっくり考えられたのもよかったのかもしれません。

入院中は、小説などの活字は全く読めず、漫画を読むのも疲れるぐらい、疲弊してましたね。
昼間寝ても、夜も寝れるって生活。

そして、退院後しばらくして、

翌年春 浪人して大学入学を目指すも、塾の体験入学で、内容がさっぱりわからず断念。

ショックでした。焦りましたね。 妄想もなくなったし、もう大丈夫って思ってたから。
これまた泣いたし、なんかもう、、絶望って感じ。


ちょっと、省エネと言いながら、書きたい事沢山あるなぁ・・・(^^;)ちょっとこっからは端折ります。
淡々と書くけどまた今度こまごま書くね。


その後、自信喪失だったありゃまに転機。
入院時代の大切なお友達さくらちゃんのお誘いで、

19歳の夏:SST(ソーシャルスキルトレーニング)に参加。

これは、専門のカウンセラーみたいな人とボランティアの大学生とほかの参加者と一緒に、
日々の色々な場面を想定して
ロールプレイング(なりきりごっごみたいな感じ)をして、自信をつけていくプログラムです。

参加するまでドキドキだったけど、
これは、『練習』だったので失敗してOKっていうのがありがたかった^^♪
何より、『案外できるじゃん、自分!』っていうのが嬉しかったなぁ。。

そこから、現在に向けてはさまざまあったけど、かなり充実してた。

↑このへんのことは、むかしのはなし4-高3で統合失調症に。卒業後のわたし。 に詳しく書いてます。

19歳冬 総合病院の図書館ボランティア
19歳春 障害者職業訓練に通う(この時は障碍者手帳未取得。診断書提出で通所させていただきました。)

20歳春 卒業、就職(統合失調症の事を隠して一般企業で)
   3日でやめる!!!!(爆)

企業の方はすごくいい方だったから、本当に申し訳なかったんだけど、
自分の症状の事を言えないのが苦しくて、
3日でやめてしまいました。

この時は、だいぶ社会に出れるようになってきたって
自信がついてただけに、またへし折られた感覚で、ぜ つ ぼ う。



それからいろいろ考えて
20歳春後半『精神障害者福祉手帳』を取得。


21歳の夏 今度は、就労以降支援センターという、障害を持った人の就職をサポートする通所型の施設へ通う

2か月の訓練を経て、ありがたいことに今の職場へ就職。


紆余曲折ありましたが、就職して7年が経ちました・・・(;▽+)
入社後5年経って先日念願の正社員にもしていただきました。。。


いまだにパートタイムの短時間で細く長く働いています。年齢的にもそろそろ自立しなくちゃだし、
時間を少しずつのばさなきゃって焦りもあるけど、

のらりくらり、風任せ。

そんな感じです(^=^)


今日はここまで。

気軽にコメントください^^


このブログを応援してくださる素敵な方は是非↓のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

「統合失調症ってなんなんすか?」

はじめまして!
ありゃまと申します。
ブログタイトルにもある『統合失調症』に関しての説明をしまふ(・8・)

実際に統合失調症になった、当事者本人、ありゃまの目線で、ざっくりご説明させてください!(^-^)

あくまで、一個人の見解なので、色々突っ込みどころがあるかもしれませんが、
当事者目線で伝えたい事を伝えさせてくださいませ。



・・・・もし、今、統合失調症と診断された方の家族や、
統合失調症と診断されたご本人様がこちらを見られていたら。



よくぞ、数多くのサイトからこのブログに足を運んでくださいました。

ありがとうございます。

統合失調症には、症状の特性から、暗いイメージがあります。
ゆえに偏見や誤報がネットや世間に多いのも事実です。


だけど、私が実際に体験した、
かけがえのない経験だから、どうか心を温めながら読んで下さいね^^


最初に1つだけ。

統合失調症は、絶望でも終わりでもない。です。

つらいことは沢山あるけど、病から教わる尊い事がある。


近頃、分かりやすく描かれた素晴らしい映画やドラマがヒットしたおかげで、
『うつ病』に関しては、だいぶ世間に浸透してきたのではないでしょうか。


過度のストレスなどにより、気持ちが、元気にならない、
眠れないなどの症状が長く続くのが、うつ病の特徴です。

いまだに よく知らない方から言わせると、 
「何がうつ病じゃ、 気持ちのもんだいじゃい」
なんて言われることも ごくごくたまにあります。

でも、気持ちの問題じゃないんですね。! 
だから、正しい理解が必要なんです。

うつ病は、ストレスなど色々な理由で、
精神状態をコントロールする脳の機能が、うまく作用しなくなってしまうんです。



だから、元気になりたくても、落ち込む状態が続いてしまうんです。

統合失調症も 気持ちの問題じゃないという点では、うつ病と同じです。



じゃぁうつ病でいいじゃんとなるのですが、
病名が区別されるのには、他にもあらわれる症状があるからなんです。


それが、『幻覚・幻聴・妄想』です。



これがどうしても統合失調症が、暗いイメージになったり、誤解されやすい理由なんですね。
びっくりしますもんね。

うん。でもこれは、実際起こる事なんです。確かにびっくりするし、ちょっと怖いよね。

でも、正しい知識を持ってきちんと治療していけば、
症状は軽くなるんです。回復するんです。

実際にありゃまは、発症時は、妄想の症状が色濃くあったのだけど、
早めに精神科へかかったこと、お薬を正しく継続して飲み続けていることが良かったので、
治療開始1か月で妄想は全くなくなりました。


(人によって、回復しても症状が残る場合があるけど、それでもかなり軽くなったり、
症状とうまく付き合うコツを習得していけるようになるよ^^)

経過に関しては、もう少し説明が必要ね。

端的に描くと
①精神科へかかる
②お薬を飲み始める
③ゆっくり休む
④少しずつできることから回復にむけて動き出す


っていうステップかな。

特に治療で大事なのは、お薬。

お薬って聞くと、不安になる人もいるのだけど、
統合失調症の治療では、お薬は継続して飲んでいくことが本当に重要で、
ずっと飲み続けることで再発率がぐっと低くなるよ。
私ももお薬の量は、お医者さんと話し合いながら減らしているけど、
ずーっと飲み続けていて、10年間再発なしです。


お薬を自分の判断で勝手にやめてしまうと再発する可能性がかなり高くなってしまうから気を付けてね。
私のの仲間にも、お薬を飲むのを自分でやめて、再発してしんどい思いをした仲間がいるんだ。
再発を繰り返すほど、回復しづらくなる傾向にあるので、ここは気を付けてみてほしい。


では、どんなながれをたどっていくのか説明するから、まずはこれを見て。
統合失調症経過

これは、統合失調症の発症から回復までの経過をざっくりグラフにしたもの。(ありゃまがざっくりパソコンでかいた)

たぶん、リーフレットとかにもっとちゃんと書いてあると思う。

左から右に時間が流れてると思ってください。

発症前の時期の『前駆期』の後、

統合失調症を発症して幻聴幻覚妄想などがある『急性期』を経て、

『回復期』には今度は逆に、気持ちが落ち込んで、その後少しずつ回復していきます。

実は、統合失調症の症状には、急性期に現れる陽性症状と回復期に現れる陰性症状の2種類あるんです。

このグラフを見て、0のラインが、テンションが上がりすぎもせず、下がりすぎもせず、落ち着いている、
一番心穏やかな状態です。
これが、急性期には、ぐわーんと上がり(赤いところ)回復期には、ずーんと下がるんです(青いところ)。

急性期にあらわれる、感情の不安定さや、幻覚、幻聴、妄想の事を陽性症状
と言います。
(過剰にプラスになってる状態と思うとわかりやすいかな)
楽しいほうのプラスではなくて、波で言うと荒波のような感じ。

そのあと、回復期には、回復に向けて、一旦ぐわーんと、今度は気持ちが落ちるんです。
具体的に言うと、疲れやすさ、眠気、けだるさ、やる気が出ないなど。これらが陰性症状。

これは、なんでかっていうと、急性期に、頭をフル回転中のフル回転にしすぎて、その疲れがどっど出るからなのね。

だから、陽性症状がなくなったら、はい、治療終わり、、ではないのが、統合失調症の大変なところ。

陽性症状の出てる急性期はもちろん、頭が活発すぎて、しんどいです。
だけど、これが終わって、

さぁ大丈夫

さぁこれから



って思ったとき。

要注意。


直面するのが、回復期の陰性症状なんです。

私も、妄想の症状がなくなったとき、やったー!!と思って、
元気になったとばかり思って、急いでいろんな事に挑戦しようとしたんだけど、(受験勉強とか)

塾の体験入学行って、唖然。

勉強内容が全く入ってこないし、体はすこぶる疲れやすい。

その時は、回復への経過としては、もっともっとゆっくり休まんといけなかったんです。


統合失調症んの治療ってのは、
とにかくじっくり、ゆっくり、付き合うのが結局は1番。 

そこが大変な理由でもあるんだけど、発想を変えれば、醍醐味でもある。

自分の疲れやすさや、気持ちの揺れ方を優しく気遣いながら、
できることをコツコツ増やしていくのが回復へのイメージです。

長期戦になるのはしんどいな・・・って私も思いました。


でも、イチローを励みにしました。
すぐに結果は出ないんです。
日々の何気ない心がけや、自分の信念を持ちながら、日々を過ごして、。


そう思えたときから、私は、ゆっくりなりに、回復が進みました。

流れとしては、こんな感じ。
私なりに書いてみました。
統合失調症の回復には、家族や周りの人の理解、サポートが欠かせません。これはお薬と同じくらい大事なことです。



これらの経過を、具体的にどう過ごしてきたか、今はどう過ごしているか、楽しく生きるコツなど、
このブログに
書いていく予定です(^-^)☆


↑に書いてた妄想幻聴幻覚は、はじめてみる人用に点線の下に最後に補足を書いておくね。当事者のご家族の方や周囲の方は、ぜひ補足も読んでみてください。

疲れた人はここでお疲れ!読んでくれて本当にありがとうございます。

このブログを応援してくださる素敵な方は是非↓のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村



-------------------------------------------------------------------------------------
☆今日の ほ そ く☆

妄想、幻覚、幻聴について

『幻聴、幻覚、妄想』ってさ~、びっくりしたわけよ。
学校では、麻薬やシンナー吸ったりしたらこういう事になるから気をつけろよとは、
聞いてたけど、まさか寝ないで勉強しててもこんな症状が出るとは思わなかったもの。

でもでも、麻薬やシンナーと違って、依存性はなくて、
きちんと治療したら、軽くなったり、無くなったり、付き合い方がわかってくるのが統合失調症の症状の特徴。

じゃぁどこからが妄想?とか幻聴?って思うと思うのだけど、
たとえば、『○○くんが、私の事見てるなぁ~。私の事好きなのかな~』って状態。
ガールズトークで言うと、妄想しすぎ!!とか言われるけど、これは、医学的に統合失調症の妄想とは違うんだな。
この程度だと、考えすぎのレベル。


統合失調症の妄想ってのは、本当にそれが現実と信じ込んでる状態。
『○○くんが、私の事見てる。絶対私の事を好きなんだ。』
この『~かも~かなぁ』ではなくて『絶対そうだ』と本人が確信してるのが妄想なんです。
幻覚、幻聴も、現実には見えないもの、聞こえない事を本人がしっかり聞いてる、見えてる状態。

実はこのとき、本人は、自分が思ってることが妄想だなんて夢にも思いません。

見えてる事、聞こえてる事が自分だけにしか聞こえてないなんて夢にも思いません。

それぐらい確かに本人には感じるレベルが、統合失調症の陽性症状。

だから、最初は、自分が『統合失調症』なんだと自覚するのに時間がかかるケースが多いです。
ですので、家族や医師は病名を本人に伝えるタイミングは伺ったほうがいいかもしれませんね。

治療の第一歩としては、妄想や幻覚などの症状を周りが否定しないことが大切です。
うまく、聞いてあげて、そうなんだぁ、大変だねなど声をかけながら、徐々に回復に目を向けていくのが大事。




このブログを応援してくださる素敵な方は是非↓のボタンをぽちっとお願いします^^(ランキング参加中)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
11 | 2016/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

osanpotogo

Author:osanpotogo
@aryamasan twitterもやってます!@aryama WEARでファッションもやってます。
統合失調症 当事者として、日々のあれこれ(^-^)発信します。

今の記事、過去の記事問わず、気軽にコメントいただけると喜びます^^

ランキング参加中です。
応援して下さる優しい方。
↓をぽちっとして頂けると喜びます

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

このブログを応援したい
応援したいとの事!ありがとうございます!!!(;;)      とても励みになります。 当ブログは、ランキングに登録をしており、 下の「統合失調症」ボタンをクリックでランキングへの1票になります。 ↓の(統合失調症)をクリックして頂けると喜びます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村                  twitter:@aryamasan /WEAR:@aryama           日々のあれこれ(^-^)今後も発信します。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR